アプリの制作は簡単なアイデアの積み重ね

アプリの制作は簡単なアイデアの積み重ねで出来るといえるかもしれません。

難しいモノを作るよりはシンプルで簡単なものほど良いと考えた方が良いかもしれないのです。例えば人気となっているアプリの実例として、雛人形を正しい位置に並べるというアプリがあります。これは単に雛人形を並べるだけなのですが、なかなか正しい位置というモノを知っている人は少なくて、面白いし役に立つという事で人気となっているわけです。ゲーム性もそんなにあるわけではなく、雛人形の絵が出てくるので、それを正しい位置に持っていくというだけのシンプルさが分かり易くて良いという事で人気になったと考えられます。

基本的にアプリを制作する時には、出来るだけシンプルかつ簡単にするというのは原則と考えても良いかもしれません。複雑にすると、それだけアプリの制作開発自体も難しくなりますし、バグなども多くなりやすいものです。構造がシンプルに出来れば理解もしやすいので、ミスも少なくなるというわけです。

最近は多機能化が進んでいるので、何でも出来るというようなものがもてはやされやすくなってはいますが、多機能と複雑というのは全く違うモノだという認識が必要です。多機能だからといって難しい、複雑だとは限りません。構造をシンプルにすることでいくらでも使いやすいものを制作することは可能でしょう。多くの人に使ってもらうという事を考えれば最も大切な事はシンプルで使いやすいモノという事になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *