アプリの開発で世界を驚かした事例

少し前の事ですが、アプリの開発で世界を驚かした事例がありました。

しかもそのアプリは某有名企業で世界で名前は知らない人はいないといってもいいようなアプリの開発事業で起きました。その会社はとても先進的な会社でアプリを一般の人からも募集するという事をしており、この企画に日本のおばあちゃんが応募して採用されたわけです。そのおばあちゃんは半年前まではアプリなど作ったことも無い人で、ブログラムの教室に通っていた時にこのことを知って、教室の先生と一緒に開発をして応募をしたという事でした。

この事例を見ても分かるように、今は誰でも開発することが出来るのです。そして、それが一流企業が採用するようなこともあるわけです。これはその良い事例と考えてもいいでしょう。何しろプログラムを作ることも出来なかった普通のおばあちゃんが僅か半年で世界の企業が採用するようなものを作ってしまったのですから、それは凄い事です。

プログラムは教室の先生が作り、アイデアをこのおばあちゃんが考えたという事ですが、既にこのおばあちゃんは自分で簡単なプログラムは作れるまでになっているともいうことでした。つまり、今はやる気があれば、高齢者でもこうしたチャンスを掴むことが出来るという良い事例だといえるでしょう。今は雇用されるされないというようなことではなく、自分が作りたいものを作り、それを発表する場があるわけですから、後はそれをいかに活用するかだけの問題になっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *