スーパーマーケットもバーコードリーダーを活用

白と黒の棒状のバーコードを読み取るのがバーコードリーダーです。

白と黒の棒状のバーコードは模様を見るだけでは何が記載してあるのかを知る事は出来ません。線は太いものもあれば細いものもあります。

黒い棒の間には空白がありますが、これは単なる空白ではなく、白いバーコードを意味しています。

2つの棒状の模様を交互に並べる事でデジタルl特有の1もしくは0の2つのを表現している事になります。

バーコードには数字や英字を格納出来る、横方向に情報を格納出来るなどの特徴があります。

スーパーのお店で販売している商品の多くがバーコードが付いていますが、お店で利用しているバーコードは価格が格納してあるなどのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。このバーコードをバーコードリーダーで読み取ると商品の値段ではなく、スーパーマーケットが独自に定めている商品番号などの情報が格納してあります。

そのままバーコードリーダーで読み込んでも商品価格が表示されるわけではないのです。バーコードリーダーで読み込んだ商品情報を価格と紐づけしてあるデータベース内で検索を行うと、検索結果には商品の情報と価格を抽出してくれます。

これはスーパーマーケットが導入しているポスレジシステムの仕組みの一つであり、会計処理をする時には商品に付いているバーコードを読み取る、そのデータをデータベース内で検索を行って価格を抽出、それをレシートに印字するなどのシステムになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *