オムニチャネル戦略について

オムニチャネル戦略とはインターネットが普及してきた現代になって出てきた考え方で、企業と消費者とを強固に結びつけようとする戦略の一つです。

今ではインターネットをビジネスに活用している企業が少なくないでしょうが、それと実店舗に来店する消費者、
あるいは実店舗にある商品とを結び付けていることまではできていない場合も多いでしょう。

オムニチャネル戦略とは、企業と消費者とを考えられるあらゆる手段、方法でもって結び付けようとする考え方です。

そもそもオムニチャネルのオムニとは、どこにでもとか、あらゆるというような意味です。

端的な例を挙げますと、例えば消費者は自社のある商品を店舗で購入することもできれば、
インターネットで注文することもできる、
そしてインターネットで注文した商品は自宅まで配送してもらうこともできれば店舗で受け取ることもできるというように、とにかく考えられるありとあらゆるルートで消費者と企業とを結び付けようとするものです。

ネットショップを活用している企業であっても、ネットショップでの商品は実店舗では扱っていないとか、規格や仕様、価格が異なる商品しか扱っていないという企業は少なくありません。

これではネットショップと実店舗という二つの形態が並行して存在しているだけで、有機的に一つにまとまっているとは言い難いわけです。オムニチャネル戦略を取ることでどんなルートを好む消費者であってもその全てを取り込むことができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *